Search

ラグジュアリー感がたまらない「バーグマン400」の魅力とは

高級感あふれるビッグスクーター「バーグマン400」

人気のあるビッグスクーターは、主に250㏄以下が好まれる傾向にあります。
やはり、ある程度手軽に乗れるという願望が強いためで、あまり大きいと取り回しが大変というイメージが強くなってきます。
しかし、実際に長距離のツーリングに出てみると、快適な走行を望むのであれば、重量がかさむビッグスクーターでは400ccは欲しいところです。

その願いをちょうど良くかなえてくれるのがこの「バーグマン400」と言えます。
無駄に重く大きいということがなく、快適に走れるサイズ感を実現しながら、しっかりとしたパワーと便利さを提供してくれるのです。

そして、なによりも400㏄クラスの大きさから生まれる存在感、高級感が「バーグマン400」の大きな特徴です。
ボディーデザインもラグジュアリー感が漂っていますし、フロントラインのLEDライトの使用も上質な雰囲気を作るのに役立っています。

安定した走りができるのが「バーグマン400」の特徴

「バーグマン400」は、見た目だけでなくその走りも上質で、心地よくツーリングを楽しめるのがうれしいところです。
まず、シートの造りがかなり配慮されていて、座った瞬間に気持ち良いと思える構造をしています。
適度な厚みがありますのでお尻が痛くなることもありませんし、タンデムシートの造りもかなり良くできているので快適に乗っていられるでしょう。

さらに、タイヤはスクータータイプでは大口径の15インチを採用していますので、取り回しの楽さを維持しながらも安定した高速走行ができるようにしています。
同時にブレーキにはABS機能やバランス調節機能が付いているため、安心して走れるという点がメリットです。

便利な装備も多くてツーリングに使いやすい

「バーグマン400」はツーリングにぴったりのバイクで、快適な旅を保証してくれるでしょう。
収納の工夫がよくされていて、オリジナルの状態でもかなりたくさんの荷物を積載することができます。

シート下にはヘルメット二つが楽々収納できるスペースが確保されているので、濡れて困るものはここにまとめて入れておくと便利です。
また、コクピット周りにはペットボトル置きやグローブ収納スペースなどがあります。
さらに、電源ソケットが同じ部分に設けられていますので、スマホの充電をしながら走行も問題なく可能です。

安全、防犯装備もしっかりしていて、ブレーキロックなどが標準で装備されているのもうれしいところです。
ワイヤーロックを装着するバーもあり、安全に大事な愛機を保管できるようになっています。
細かなところまでかなり配慮がなされていますので、普段使いでもツーリングでも満足の走りができるのがこのバイクの強みです。

足つきが良く乗りやすい「SV650ABS」の魅力とは

街中でも快適に走行できる足つき感がいい

「SV650ABS」はネイキッドタイプのバイクとして、基本とも言えるデザインを採っています。
無骨な感じさえするシンプルなデザイン構成となっていて、余計な装飾がないのが逆に魅力的です。

このシンプルさはより走行の快適さや走りの良さを追求するためにも役立っています。
ハンドル部分は若干アップ気味に設定されていますので、無理な前傾姿勢を保たなくてもいいようになっています。
また、シートが薄めに作られていて、地面までの高さがシートによって高くなり過ぎないようにも工夫されているのです。

こうした配慮によって、非常に足付きがよく、全体的な見た目とは違い、背が低い人でも、また女性でも楽に足をつけるのがメリットです。
特に街中の走行では足を着くことが増えますので、この「SV650ABS」のメリットを十分に感じることができます。
もちろん、こうした配慮によって走行感が失われることはなく、快適さと走行性能が両立しているのが大きな特徴です。

親しみの持てるデザインと細かな配慮がうれしい

「SV650ABS」は大型の丸目のヘッドライトを採用しています。
現在のモデルとしては珍しいフロントパーツ構成となっていて、ちょっと懐かしさを感じさせてくれます。
一方で小さくて薄いテールランプはLEDとなっていて、見た目と機能性を巧みに配慮したパーツ構成となっているのが分かります。

パネルはかなり大きめに作られていて、高速走行中でも一目で情報を把握できるようになっているのがうれしいところです。
手元で情報管理ができるようになっていますので、長距離ツーリングの際などに重宝する作りになっています。

走りの楽しさを十分満喫できるバイク

「SV650ABS」の良さは、やはりその走りやすさでしょう。
まず、エンジンパワーが非常にダイレクトに伝わってくるバイクで、自分のイメージする通りにアクセルを入れていくことが可能です。
下から伝わってくる迫力のあるエンジンパワーがライディングのモチベーションを高めるものとなります。

また、フューエルタンクの構造も非常によくできていて、見た目にはかなり大きいのですが、ちょうど膝で抱えられる形です。
そのため、ニーグリップの具合が良く、ボディーを倒してコーナーを回るのがとても楽になります。
とてもバランスの良い構造となっているため、長時間の走行でも疲れにくいのがメリットと言えるでしょう。

このフューエルタンクの容量は13リットルとなっていて、燃費と併せて考えると300キロ以上は連続走行できることになります。
長距離ツーリングにも適した乗りやすいバイクですので、きっと重宝することでしょう。

コンパクトなデザインと操作性に優れた「GSX-S125」の魅力とは

コンパクトながらストリートファイター的なアグレッシブなデザイン

「GSX-S125」は125㏄というコンパクトなボディーを持っていて、第一印象も小さなスポーツバイクという感じです。
しかし、全体的なデザインはストリートファイターの雰囲気を強く持っていて、攻撃的な感じを与えるほどです。
パーツが下部に上手に収められていますので、バランスの良いデザインとなっていて、小さいもののひ弱なイメージは決してありません。

もちろん、このイメージは見た目だけでなく、その走行性能にも表れています。
他のスズキGSシリーズと比べるとかなりコンパクトな印象を与えますが、同じ125㏄というクラスで比べると、若干大きめのボディーと重量です。
そのため、安定したバランスの良い走りをもたらしてくれるのが大きな特徴となっています。

取り回しが良くどんなシーンでもバイクの楽しみを味わえるのが魅力

「GSX-S125」はスポーツ走行が楽しめるバイクで、その取り回しの良さが際立ちます。
適度に重心を下げていますので、ふらつき感が少なく、軽さから来ることが多いバタつきもほとんど感じられません。
この良さは特に高速走行をしている時に感じることができ、地面に密着した安定感を保ちながら走り続けられるという魅力があります。

街中での走りも快適にできるのが、この「GSX-S125」と良さとも言えるでしょう。
身長が低めの人でもしっかりと足を着くことができますので、ストップが多い混雑時の街中でもイライラすることがありませんし安全に走行できます。
さらに、ステアリングが軽く細かな動きができますので、狭い路地や駐車場でも楽に走れるのがうれしいところです。

かなり長時間のツーリングとなると、さすがにパワーの関係で疲れが来ることもありますが、自分のペースを保って走れば無理なくツーリングを楽しむこともできます。
収納性に若干の難がありますが、シートも快適ですし、体勢的には疲れにくいライディングポジションを取れますので、快適に走行を続けられるでしょう。
また、ハンドル周りにはスマホを始めとするアイテムを装着しやすいスペースがありますので、自分なりに装備の脱着ができるのも良いところです。

便利な装備で使いやすい

「GSX-S125」はストリートファイターとして、走行の質を上げてくれる装備を施しています。
たとえば、パネル類は手元のスイッチで簡単に情報を切り替えてチェックできるようになっています。
特に、125㏄クラスでは珍しくギア表示がありますのでとても便利です。

また、タンデムシート部分を取り外して収納スペースとできるようにもなっていますので、ツーリングの際などは重宝します。

ハイパワーでありながら万能性を兼ね備える「GSX-S1000」の魅力とは

サーキットでの走りが見たくなるパワーバイク「GSX-S1000」

スズキ「GSX-S1000」の最大の特徴と言えば、やはりその他を圧倒するパワーでしょう。
アクセルをちょっと開くと、体を持っていかれるようなものすごい加速感があり、重いボディーとは思えないような軽さでバイクが走っていきます。

このパワーのある走りは街中では全く発揮できないくらいの性能で、「GSX-S1000」の性能をしっかりと味わうためには、サーキットに行って走るしかないという考えを抱かせるほどです。
発進の瞬間から高速走行に至るまで、ずっとパワフルな走りが体験できますので、このバイクに乗った後に他のバイクに乗ってしまうと、なんてイージーなんだと思ってしまうでしょう。

バランスが非常によくコントロールがしやすいのが凄いところ

このように、「GSX-S1000」は非常にパワフルで、見方を変えると狂暴な力を持っているとさえ言えるバイクです。
しかし、コントロールするのが難しいということは決してなく、非常に緻密にバランスを調整して作られていることが分かります。

たとえば、圧倒的なパワーを持っていますが、発進時にはデリケートな出だしをすることもでき、まるで小型バイクのように細かな動かし方も可能です。
また、ターン時も前後のタイヤとブレーキのバランス、重心の取り方がとても優れているので、スムーズに回ることができて、初めて乗る人でもコントロールしやすい一台に仕上がっています。
もちろん、これだけのバイクを完全にコントロールするにはそれなりのテクニックと経験が必要となりますが、決して難しいバイクではなく乗りやすいモデルなのです。

万能な走りを見せてくれるストリートファイター

この「GSX-S1000」はストリートファイターとして、かなり攻撃的なデザインをしていますし、そのエンジン性能もまさに攻撃的なものです。
しかし、各パーツの詳細を見ていくと、単に走りの強さを求めているだけでなく、細かな調整ができるようになっていることに気づきます。

たとえば、フロントサスは調整可能なフォークとなっていますので、街中での走りやツーリングなどのシーンに合わせて変更ができます。
ブレーキレバーの調整もかなり細かくできるようになっていますので、ライダーの体格や好みに合わせやすいのが特徴です。

さらに、パネル類は手元の操作で簡単に一元管理ができるようになっていて、いろいろな情報を一目でチェックできるのもうれしいところです。
ちょっと小さめの男性でも足付き感が良く、バランスよく停車できるというのも「GSX-S1000」ならではと言えるでしょう。
このように、「GSX-S1000」はパワーだけでなく、その細かなところまでなされている配慮が大きな魅力と言えるバイクです。

疲れにくい設計と、迫力のあるフォルム「Vストローム1000XT」の魅力

ワイルドな魅力あふれるVストローム1000XT

スズキの新たなVストロームシリーズの1台として、2017年5月に登場したVストローム1000XT。
このシリーズには650ccモデルと1000ccモデルがありますが、1000XTは1000ccモデルです。

Vストロームシリーズとは、街なかの走行はもちろんのこと、高速道路や山岳道路まで長距離のツーリングを楽しむためのモデルとして開発されたバイクです。
長時間運転していても疲れにくい設計が特徴で、特にVストローム1000XTには、ワイヤースポークホイールが採用されているのが特徴となっています。

デザインは1988年発売されたDR-BIGを受け継いでおり、車体カラーにイエロー、ブラック、ホワイトの3色が効果的に取り入れられています。
ブラックを基調としたワイルドな外観に、鮮やかなイエローの差し色、シャープのホワイトのアクセントがスタイリッシュです。

フロントに取り付けられた、縦型に並ぶ2灯ヘッドライトも精悍な印象を高めており、迫力満点のフォルムが魅力。
エンジンは低・中速で力強く回転し、操作性に優れた1,036cm3V型2気筒エンジンを搭載。優れた出力とトルクを維持しながらも、リッターあたり32.1キロと高燃費です。
もちろん最新の排出ガス規制にも対応しています。

操作性抜群!ディテールにまでこだわったVストローム1000XT

Vストローム1000XTの魅力は、精悍なルックスだけではありません。
快適なライディングポジションが維持できるデザインと、3段階に調節可能な大型ウインドスクリーンなど、優れた操作性を誇ります。
このウインドスクリーンは、従来モデルに比べて約5センチ高くなっており、角度調整も可能。
より快適に視界を保てるように工夫されています。

足がつきやすいスリムな燃料タンクと、疲れにくいシートデザインも特徴。
燃料タンクはスリムながらも20リットルの大容量を確保。
長距離ツーリングでも、ガス欠の心配がありません。

メーターパネルはギヤや燃費、走行可能距離など、さまざまな情報がひと目でわかるように設計されており、パネル下部には12Vのソケットを採用。
また風や雨のときでも快適に過ごせるように、ナックルカバーが標準装備されています。

長距離ツーリングが楽しめるよう開発された、Vストローム1000XT。
大型バイクながら細い道やカーブでも小回りが効く、操作性の高さも人気の秘密となっています。
アドベンチャー系のバイクでも特に人気の高いモデル。
ツーリングを楽しむなら、ぜひVストローム1000XTをチェックしてみてください。
男前なルックスや迫力のボディ、快適性の魅力にすぐさま購入したくなることでしょう。

ボルティー

シンプルイズベストを具現化したようなベーシックモデル

1990年代半ばに250ccクラスのバイクと言えば、レーサーレプリカの2スト&4ストは当然として、それぞれのメーカーでラインナップにネイキッドモデルも揃えられ、更にその他たくさんのバリエーションが存在していました。
そこにシングルモデルのトラッカー系、ストリート系のような言葉が根付いてくるのはもう少し後であり、まだこの頃にはカワサキのエストレヤ、スズキのSW-1、ヤマハのルネッサのようなネオレトロ的と言われる、どこか懐かしさを感じさせるようなデザインのモデルがラインナップされていました。
これらと少し近い存在であり、シンプルイズベストを具現化したようなモデルがボルティーです。

ボルティーの特徴

ボルティーのエンジンには、1982年に販売されたGN250E、DR250Sがルーツとなっている4バルブSOHC単気筒を採用しています。
このエンジンは、SW-1、少し遅れて登場したグラストラッカーでも採用されており、その特性が扱いやすいものであるということは、よく知られています。

ボルティーには様々なバリエーションがあり、1番ベーシックなのがタイプ1、カラー、エンブレム、シートが違うのがタイプ2、キャリア&シングルシートが装備されているビジネス仕様がタイプC、キャリア&ダブルシートが装備されているのがタイプTとなっています。
ところがその後、トラッカー系のブームが到来するとバリエーションが縮小されてしまい、2001年にグラストラッカービッグボーイが登場した時には、タイプ1だけになっています。

限定発売のホワイトが2003年に登場しますが、2004年になると4バルブが2バルブに、エンジンも改良し、SCEM高速メッキシリンダーを採用するとST250にモデルチェンジされました。
ツーリングメインにも、ビジネスユースにも、そして入門用にも使え、幅広い活躍の場を持つ空冷シングルモデルのボルティーのような車種は、いつになっても欠かせない存在であることは変わらないでしょう。

LS650サベージ

シングルエンジンを搭載したアメリカンモデル

LS650サベージは、ビッグオフロード、ロードモデルが中心ですがVツインエンジンが主流だったアメリカンモデルの中にあって、シングルエンジン搭載で登場しました。
1980年代半ばには、ヤマハのSR500やSRX600、ホンダのXL600Rファラオ、FT500、GB500、カワサキのKL600Rがビッグシングルのラインナップとしてありました。
アメリカンモデルだけを見れば、カワサキにはVZ750ツイン、ヤマハにはXV750ビラーゴ、ホンダにはNV750カスタムやシャドウ750、スズキにもVS750イントルーダーがあり、Vツインモデルのラインナップがあった中にあえてのシングルアメリカンを投入したのです。

LS650サベージの特徴

このLS650サベージに搭載されているシングルエンジンは直立しており、スクエアの652ccで4.5kg-m/3000rpm、30ps/5500rpm、ボア・ストロークは94mm×94mmと低中速型ではあり、トルクで走るという表現がしっくりきます。
一軸バランサーを採用したことによって不快な振動が軽減し、ベルトドライブ採用によって静粛性の実現も果たしているため、軽快な雰囲気のアメリカンモデルとして仕上がっています。
シート高が65mmと低めなこと、VS750イントルーダーと比べて車重も26kg軽くなった160kgなことから、より軽快なイメージが強くなっています。

段付きシートからティアドロップ、リアフェンダーのデザイン、タンクの上に設置されたメーター、各部分のカバー類はバフ仕上げ、またメッキパーツなどいずれもVS750イントルーダーに引けをとらないつくりであり、アメリカンモデルの雰囲気は十分です。
ところが人気モデルにはなれず、たった数年で国内のラインナップモデルから消えてしまいました。
そのこともあって、出回っている台数が少なく入手が困難な状態になっています。
スズキとしてはあまり出していないシングルの車種なので、ファンにとっては貴重なモデルの1つと言えるのではないでしょうか。

Gストライダー

モーターサイクルとハイテク技術が融合したモデル

Gストライダーには、SUZUKI Advanced Navigation Systemと呼ばれる、情報通信技術を駆使しているテレマティクスシステムが搭載されています。
このシステムは、GPSナビゲーション機能、無線インフラによる双方向通信機能などを結びつけ活用することで、モーターサイクルを通じて新しいコミュニケーションを可能にしています。
これによって、モーターサイクルがより快適に楽しめるのです。

Gストライダーの特徴

マシンの起動にスマートキーを使用し、各センサーがそれに連動して自己診断を行い、メインモニターに結果を表示します。
また双方向無線インフラ使用によって、GPSナビゲーションなどを利用できます。
リヤビューカメラがテールエンドに設置されており、その映像をモニターで確認できるだけでなく、後方から接近してくる車両の情報をモニターによって提供します。

車体機能の表示は基本、ステアリングの上に設置されているELライト付きのデジタルメーターによって行われ、スクリーンの内側に液晶メインモニターが格納されており、色々なインフォメーション情報が表示されます。
タンクの上に見えているコンソールは、バイクグローブを装着したままの状態での操作性を考え、ファンクションキーやトラックボールが採用されています。
フロント両側のトランクの上には、超薄型フラットスピーカーが装備されていて、モーターサイクルライフを快適に演出してくれます。

高輝度LEDとHIDプロジェクターを組み合わせた大光量ヘッドライトを装備し、ステアリング角とバンク角を検知しコーナリングランプでイン側を照射し、夜間走行での視認性もアップしています。
それだけでなく、ターンシグナルとテールランプには高輝度LEDが採用されています。
しかも、ステアリングはもちろん、シート、フットレストボード、スクリーン、ライダー&パッセンジャーバックレストは全て電動可動式になっています。
これにより、ライダーが任意でライディングポジションをより快適な設定にすることができます。

フロントサスペンションにはセンターハブステアリングシステムが採用されているだけでなく、スイングアームは複合レーザー溶接で仕上がりも美しく、操縦性と独創性に溢れたスタイリングの両立を実現しています。
4ポットラジアルマウントキャリバーを搭載しているFブレーキには、ABSが装備されています。
タイヤには大径タイプをフロント、リヤ両方に装備することで、高い走行性を実現しています。

エンジン形式は、水冷4サイクル並列2気筒でDOHC4バルブ、シートの高さは615mm、総排気量は916cm3です。

ストリートマジック110

スポーツスクーターの異色モデル

1998年前後には、スポーツバイクで50cc、125ccクラスというとヤマハのRZ50、SR125、TZR50Rなど、ホンダのマグナ50、リトルカブ、ドリーム50、NSR80など、カワサキのエリミネーター125など、そしてスズキのマローダー125、RG50ガンマ、RG125ガンマなど、かなりたくさんのモデルがありました。
そんな中にあって、ロードスポーツ車と比べても遜色のないスポーツ性能、スクーターの長所である操作性の良さや取り扱いの簡単さといった手軽さをあわせ持ち、軽快かつ力強いスタイルを追求しており、スポーツスクーターとしては異色とも言えるのがストリートマジック110です。

ストリートマジック110は、ストリートマジックの50ccモデルとほとんど同じサイズのツインチューブフレーム、エンジンはアドレス110の113ccのものを搭載しています。
ステップはスポーツバイク同様ですし、タンクはニーグリップがしっかりできるものを、ホイールは前後12インチ、リザーバータンク別体式リアショックの倒立フォークを採用することで、ただのスクーターではないスポーティーな動力性能と走行フィーリングを実現しました。

オフロード仕様のストリートマジック2-110との違い

オンロード(スタンダード)モデルのストリートマジック110の登場2か月前に、先行発売されたオフロード仕様のストリートマジック2-110があります。
ストリートマジック2-110はストリートマジック110より充実した装備を備え、前後の12インチホイールにブロックタイヤを使い、ライトガードと丸型ヘッドライト、アップフェンダーなどのオフロードテイストパーツを選択しています。
さらに、リアキャリア、ラバーなしのグリップを装備し、アップハンドル化もすることで実用面、ポジションも充実したものになっており、オフロードでの走破性はもちろん、ルックスもより良いものとなっています。

日常的な足として使うのはもちろん、キャンプや釣りなどのアウトドアでもストリートマジックを使えば、行動範囲を広げられます。
しかも、ストマジクラスという限定のクラス設定のレース、オンロード・オフロードを問わないワンメイクレースが開催されるなど、幅広い遊び方が可能でした。
1998年に放送されていた「DAYS」というドラマで、主演をつとめた長瀬智也がストリートマジックに乗っていたため購入した、というライダーもそれなりにいたのではないでしょうか。

RG500ガンマ

レーサーレプリカブームの中に生まれたモデル

1980年代に突如として始まった、レーサーレプリカのブームの中で生まれたのが、スズキのRG400/500ガンマシリーズです。
当時RG-ガンマシリーズによって、性能の高さと完全なレーサースタイルの具現化を実現し、市場を席巻していたスズキがその頂点に君臨させるために登場させただけあり、設計思想やスタイル、排気量にいたるまで完全なGPレプリカとなっています。
1984年、レーサーRGガンマの真のコピー、レプリカを目指して作られたのがRGガンマなのです。

スクエア4のエンジンレイアウトは、当時のレーサーバイクと全く同じで、吸入方式や排気量だけでなく、ボア・ストローク、2軸クランク構造の軸間の距離にいたるまでが同一に作られています。
リブ入りアルミ角パイプであるMR-ALBOXフレーム、排気デバイスSAECなど、ライダーの夢とも言えるGPレーサーと直結しており、その当時では最新と言われていたテクノロジーを採算度外視かと思えるほどに投入しています。
ライダー達の羨望の眼差しを集めたのは、何よりもそのレーサーそのままとも言えるウォルターウルフカラーやワークス青/白のカラーリング、そしてスタイルでした。

レーサーレプリカブームが高騰すると、それはそのままサーキットに対する憧れとなり、レーサーレプリカのような高性能なマシンを使った、かつてないほどのレースブームが始まりました。
特に中心となっていたのは250ccで、1980年代から1990年代のRG-ガンマはヤマハのTZRやホンダのNSRと並んで地方選手権であるスポーツプロダクションクラスでめざましい活躍を遂げたのです。
最終的には、V型エンジンレイアウトを採用したRGV250ガンマが登場し、そのスタイルから公道においても人気を集めましたが、時代の流れにより環境問題が取り沙汰されるようになると排気ガスの規制によって、2サイクルエンジンと一緒に姿を消してしまいました。
とは言え、今でも中古車市場では非常に人気が高く、多くのライダーから支持されているマシンの1つです。

イメージではなくレプリカにこだわったマシン

RG500ガンマがレーサーRG500ガンマをイメージしたものではなく、あくまでも真のコピー、レプリカにこだわっていたことは、発表時に会見の中で「何故このパーツを採用したのか」という問いに対し、「レーサーRGガンマに使われているからだ」と回答したという逸話を見ても分かります。
RG500ガンマが登場した前年、1983年に発表されていたヤマハのRZV500RがYZR500イメージであったのと違い、レプリカとして作ることを至上命題として作られたのです。

中でもエンジンレイアウトにはこだわり、ライバル各社が吸引方式にクランクケースリードバルブを採用していた中にあっても、レーサーと同様であるロータリーディスクバルブを採用しました。
クランクケース設計もレーサーベースで行い、カセット式ミッション搭載にしています。
また、各パーツごとにグラム単位で軽量化したのも、当時のスズキレーサーと同じです。
その結果、驚異的な乾燥重量150kg台というライトウェイトを実現しました。

徹底的にレーサーRGを踏襲しただけでなく、当時のスズキが持っていた最新鋭かつ独自の機能を惜しみなく搭載、また一切の妥協をすることなく市販のバイクとしては生産性も時には度外視することもいとわない、理想を追求したレプリカぶりを持ったモデルなのです。
RGガンマという名前はレーサーからR、グランプリからG、そして古代ギリシャ語で栄光という意味を持つゲライロウの頭文字であるギリシャ文字からガンマを取り、栄光のグランプリレーサーという意味を持っています。
その名に恥じることない精神、ポテンシャル、スペックはこれから先もファンからの支持を集め続けることでしょう。