Search

大型単気筒バイク「DR650」をスタイリッシュにカスタマイズ

「Diamond Atelier」による大胆な変身

「DR650」は、オフロード仕様のバイクとして非常に個性的な一台で、バイク好きの中でも特にマニアのジャンルに入るバイクという評価がなされています。
そのマニアックなバイクがドイツのカスタムブランドとして有名な「Diamond Atelier」によって変身を遂げ、さらに個性的な仕上がりになってしまいました。

もともと「DR650」は、650㏄には非常に珍しい単気筒という作りをしていて、全体的に個性の強さが出ているバイクです。
デザインも野生的なオフロードタイプという感じがあり、オリジナルの状態では若干粗野な雰囲気を与えるほどでした。

しかし、このカスタムによって洗練されたイメージが強くなり、スマートさが前面に出ています。
といっても力強さが失われるようなことはなく、その荒々しい雰囲気はしっかりと強調されているのが特徴です。

スリムで都会的なイメージが出てきている

このカスタムによって「DR650」は、スリムに変身を遂げています。
上部のカウルを完全に変更して、全体的に細身のスタイルに変えているのが大きな要因と言えるでしょう。
スズキの若干重たい雰囲気のカウルではなく、スタイリッシュでシンプルなカウルにしていますので、野暮ったさが消えて都会的なイメージさえ感じられます。

さらに、一つ目のライトをフロントに配置しているのも大きな変化です。
巧みにライト周りのカウルを作っていて、スポーティーな印象を失うことなくスマートな雰囲気を強く出しています。
また、全体的に上部にパーツを寄せる見た目となっていますので、軽い感じが出てきてオリジナルとの違いを強調しているのも特徴となっています。

ストリート的な方向に寄せられたカスタマイズ

「DR650」は元々オフロードタイプのバイクとして作られていますが、カスタマイズによってストリート的に寄っている感じが強くなりました。
もちろん、バイク自体の重心や主だったパーツは変更されていませんので、基本仕様はオフロードのままですが、そのデザインや足回りの変更はストリート系に近いと言えるでしょう。
特にタイヤをスリップとすることによって、ストリート色を強めているのが印象的です。

カスタムによってバイクジャンルそのものさえも変えてしまうという大胆な試みは、見事にはまっていて、今までにないバイクの新しい顔を見せてくれているようでもあります。
これこそカスタムの醍醐味とも言えるようなアイディアで、その発想力の豊かさには脱帽としか言いようがありません。

このカスタムされた「DR650」は、限定的とはいえ一般販売されていて、このビルダーや販売店への問い合わせによって取り寄せが可能になることもあります。
ただし、かなりレアなものですので、欲しいと思ってすぐに入手できるものではなく、ダメ元での問い合わせをしてみることをおすすめします。

アグラス GSX-S1000Fを紹介

長年積み上げられたノウハウと勘が冴えるアグラスのキット

アグラスは、削り出しパーツのエキスパートブランドとして、一般のライダーからプロレーサーにまで支持されています。
新しいモデルが出ると、それに対応したレベルの高いキットをすぐに開発してきます。
いろいろな製品がありますが、特にスライダーなどのバイクそのものを保護し、レーサーの安全を保つために重要なキットへの評価は高く、強い信頼をあらゆる層から得ているのです。

こうした削りだしパーツのうち、スライダーなどは実際にバイクが転倒した時に効力を発揮するものとなります。
そのため、実際にこうしたシチュエーションにならないとパーツがどのように作用するかは分からないので、職人はその状況をイメージして素材を加工していくことが必要です。
そのイメージ力は他のメーカーを圧倒するものがあり、長年積み上げられてきたノウハウと職人の勘が冴えわたる出来となっています。

実際のシミュレーションができない中で製品開発がなされますが、その素材の滑り感や強度、他のパーツに与える影響などを緻密に考えながら作られていきます。
そのため、レースにおいても通常の走行においても、転倒などの事態が生じても、その効果の高さは非常に高いものがあり、バイクとライダーを確実に保護してくれるのです。

アグラス GSX-S1000Fの完成度は非常に高い

アグラスのキットを導入したアグラス GSX-S1000Fは、この職人の知能と技術が詰まった仕上がりとなっています。
まず目につくのはトップブリッジで、アルミ削り出しによって作られています。
クランプは1センチほど移動ができるようになっていますので、細かな調整をライダーの好みによって行うことが可能です。

このアルミ削り出しのブリッジは見た目に非常に美しく、絶妙な角度が取られています。
そのため、耐久性や取り回しの良さを増してくれるだけでなく、触った瞬間に分かる操作性の良さを与えることにも貢献しています。

レーシングスライダー・ジェネレーターもアグラス GSX-S1000Fモデルならではのもので、アグラスのスライダーの品質を再確認できるパーツです。
目立たないパーツですが、いざという時にその効力がはっきりと分かり、アグラスへの感謝と信頼が深まるでしょう。

選択肢が多いのがアグラスのいいところ

このアグラス GSX-S1000Fでは、レーシング用のスライダーが装着されていますが、いくつかのパーツの選択肢があります。
デザインや価格のバリエーションがありますので、それぞれのライダーの予算や好みによって選ぶことができるのがうれしいところです。
また、リアアスクルプロテクターやスタンドフックなどの細かいパーツにも、アグラスのこだわりが活きていて、丈夫で軽い素材が使われているため、バイクの性能を落とすことがありません。

スカイウェイブのカスタマイズ

スズキから販売されている大型スクーターと言えば、スカイウェブが挙げられます。
三種類の排気量タイプが存在し、初期型は1998年に発売されました。
スズキとしては初めてのビッグスクーターだったのですが、当時はスクーターブームということもあり人気が高まり、スズキが思っている以上のヒットバイクとなったオートバイです。
ここでは、スカイウェブのカスタマイズについて色々と記述していきたいと思います。

■方向性を決める

一口にスカイウェブのカスタマイズといっても、様々な方法、仕上げ方が考えられます。
とことん外観をカスタマイズするという方法もありますし、乗り心地を追求するという方法も考えられます。
どのようなカスタマイズを行うもオーナー次第ですが、しっかりと方向性を明確にしておくことが何より重要と言えるでしょう。

方向性を決めておかないと、一貫性のないバイクに仕上がってしまいますから、まずは自分がそのバイクをどうしたいか、ということを考えるべきです。
その上で予算を決め、購入するパーツ、お願いするショップなどを決める必要があります。

方向性が決まらない場合、カスタム専門のバイク雑誌や、インターネット上のウェブサイトから参考になる画像などを見て決めるのも良いでしょう。

■様々なカスタム

スカイウェブと言えば、迫力ある外観が魅力でもあります。
そのため、外観を好みにカスタムする方は少なくありません。
特徴的なフロントカウルをワンオフ制作したり、フルエアロを組むといった方法も主流です。

また、フルエアロを組んだうえでオールペイントするといったカスタマイズもあります。
オールペイントするとそれまでのイメージもガラッと変わりますし、それだけでもオリジナリティに溢れたバイクにすることができます。

ブレーキチューニングを施すオーナーもいます。
スカイウェブはご存じのように大型スクーターですから、その車重による慣性をしっかりと制動できるよう大型キャリパー、ディスクを装着するといったカスタムも行われています。

また、シートを特別性の革シートに変更したり、クッション性の高いシートに変更し乗り心地を追求したスカイウェブもあります。
こうしたカスタマイズだと、長距離のロングドライブでも足腰が疲れるということは少ないのではないでしょうか。

スカイウェブのカスタマイズも人によって様々ですし、個性を出す方法も様々です。
どんなカスタマイズをするにも、最初に方向性を決めておくことが重要なのは前述した通りです。
迫力ある大型スクーターだからこそ、その魅力を最大限引き出してあげることがカスタマイズする上で重要です。

スカイウェブのカスタマイズを考えている方は参考になさってください。

カスタム中古車を買う

自分で新車のバイクを買って、好きにカスタマイズするという方もいれば、最初からあらかじめカスタマイズされた中古車を買う、という方もいます。
どちらが良くてどちらが悪いということもなく、これは自身の好みや経済状況に応じて選択すれば良いでしょう。
ここでは、カスタム中古車を買うということについて記述していきたいと思います。

■カスタム中古車

元のオーナーがカスタムしたままの状態で売りに出したバイクをカスタム中古車と呼びます。
こうしたカスタム中古車を購入することは様々なメリットや魅力が考えられます。

一つには、バイクを購入すると同時にカスタムされたバイクが手に入るということです。
後々カスタマイズを進めていく予定があるという方ならその手間が省けますし、最初からカスタムバイクに乗ることが可能となります。

バイクを買って自分でカスタマイズしていく場合、当然パーツの費用や工賃などもかかってきます。
しかし、カスタム中古車ならそうした経済的な負担も可能な限り軽減することができるでしょう。
仕上がったバイクをお値打ちな価格で手に入れることができる、というのは大きな魅力ですしメリットと言えるのではないでしょうか。

■デメリットについて

カスタム中古車はメリットや魅力が沢山ありますが、注意点もあります。
人によっては、「ハンドルや外装をカスタムしたバイクが欲しいが、足回りだけは自分好みにしたい」という方もいます。

しかし、カスタム中古車の中には最初から殆どの場所に手を入れていることも多く、結局足回りだけ自分好みに変えなければならなくなる、ということも起こりえます。

高度なチューニングが施されたスポーツバイクなどの場合、過激な走行を繰り返してきた可能性があります。
峠のワインディングくらいならまだしも、中にはほぼ競技車輛として使用されていたバイクや、年中サーキットを走っていたようなバイクもあります。

こうしたバイクだと、過激な走行を繰り返したことにより至る部分に負担が掛かっていることがあります。
エンジンの圧縮比が変わっていたり、車体フレームが捻れてしまったりといったことも充分考えられます。
高度なチューニングが施されたスポーツバイクの場合、そうしたことにも注意するようにしましょう。

最初からカスタマイズされたバイクを購入するのは多大な恩恵を受けることができますが、同時に注意点やデメリットもありますから、充分注意したうえで検討するようにしましょう。
また、最近ではカスタム中古車をインターネット上で購入しようとする方もいますが、バイクの知識があればそれも良いですが、そうでない場合はなるべく現車を確認したうえで購入した方が良いでしょう。

隼のカスタマイズ

スズキが誇るアルティメットスポーツバイク、それが隼です。
圧倒的な運動性能を誇り、ワインディングやサーキットでは他のバイクを凌駕するほどのポテンシャルを見せつけるメガスポーツバイクですが、扱い易さにも定評があります。
ここでは、スズキ隼のカスタマイズ、関連商品などについて記述していきたいと思います。

■隼のカスタマイズ

スズキ隼をカスタマイズしようと考えた場合、いくつかの方針が考えられます。
基本的にはチューニングとドレスアップの二つが主なカスタマイズとなりますが、究極のスポーツバイクでもある隼ですから、ドレスアップよりも性能向上のためのチューニングを行った方がより魅力を引き出すことができるでしょう。

隼をチューニングする場合、一般的なのはマフラー交換やタイヤ交換、足回りの交換とセッティングが挙げられます。
パワーに関しては充分なポテンシャルを秘めたパワーユニットが搭載されていますから、エンジン内部まで手を入れることは考えなくて良いでしょう。

重要なのは足回りのチューニングです。
基本的に隼はパワーに負けない足回りが組み込まれていますが、やはり純正パーツでは心もとないこともあります。

スポーツ走行を考える場合、ハイグリップタイヤへの交換、スポーツタイプのブレーキパッドへの交換は避けれません。
また、サスペンションも交換し、総合的に足回りのスペックを向上させることも重要です。

■隼のカスタムパーツ

隼のカスタムパーツと一口に言っても実に多くの種類がありますから、簡単に説明はできません。
代表的なカスタムパーツとして、まずはマフラーを取り上げたいと思います。

フルエキゾーストマフラーやスリップオンマフラーといったパーツが販売されており、種類も豊富です。
このようなマフラーに交換することで、排気効率を向上させることができ、エンジンが持つポテンシャルをフルに引き出すことが可能となります。

また、エアクリーナーも同時に交換することでより吸排気効率を上げることが可能となるでしょう。
キャリパーやマスターシリンダー、ブレーキパッド、ブレーキホースといったブレーキ周りのパーツを交換することでより制動力を高めることが可能となります。

ハンドルキット、ハンドルバー、セパレートハンドル、グリップといったステアリング関連のパーツも隼用が数多く販売されています。
ハンドリングに大きな影響を及ぼすパーツですから、慎重に選びましょう。

隼は国内外問わず人気のアルティメットスポーツバイクですから、販売されているカスタムパーツは非常に多いです。
それだけ、チューニング、カスタマイズの幅も広がりますから、よりバイクを楽しむこともできるでしょう。

バイクをカスタマイズしよう

バイクの楽しみ方は人それぞれで、純粋に走りを楽しむ方もいれば、ただ眺めているだけでも良いという方もいます。
また、愛車をカスタマイズして楽しむというのも一つの楽しみ方と言えるでしょう。
バイクのカスタムは社外パーツを使って行うこともありますが、純正パーツを使ったカスタムもあります。
ここでは、純正パーツを用いたスズキのバイクカスタムについて記述していきたいと思います。

■カスタムとは

カスタムとは、要するに改造のことを指します。
ただし、改造といっても違法なことをするわけではありません。
また、カスタムにも色々あり、性能を引き上げるチューニングや、外観に変化を与えるドレスアップなどが代表的です。

社外のマフラーへ交換したり、エンジン内部に手を入れることはチューニングと呼びますが、カスタムと呼ぶこともあります。
要するに、明確な定義がないので、ただバイクを弄ることを全般的にカスタムと呼ぶこともあるのです。

一般的にカスタムでは社外の部品を使うことが多いのですが、前述したように純正パーツを交換するのも立派なカスタムと言えます。
古いパーツを新しい純正パーツに交換するだけでパフォーマンスアップが期待できるでしょう。

■純正パーツの紹介

一口にスズキバイクの純正パーツといっても様々な部品が存在します。
バイクは複数の部品から成り立っていますから、その一つ一つを紹介するのは困難です。
そこで、ここでは一般的によくカスタムに利用されている純正パーツの紹介をしたいと思います。

スズキの純正オイルフィルターは、互換性が強く、様々な車種に流用できるのが特徴です。
アドレスやマローダー、ジェンマ、スカイウェブなど、実に多くの車種に対応しています。

ドライブベルトやステンレスマフラーバンドといった純正パーツもあります。
また、ステアリングのグリップやメーター機器類も純正品があります。

純正パーツの良いところは、信頼性と安全性が高いところです。
そのバイクを製造したメーカーが標準装備として装着していたパーツですから、そのバイクに最もマッチしたパーツということです。

そのため、ライダーの中には社外パーツを一切使用せず、生涯純正パーツのみで乗り続ける方もいるくらいです。
そのバイクの魅力と性能を適切かつ安全に引き出すということを考えた場合、純正パーツという選択が最も正しいのかもしれません。

純正パーツは、スズキ関連のバイクショップで購入することができますし、バイク用品店で購入することもできます。
また、現在ではインターネット通販で純正パーツを購入することもできます。
ネット通販は気軽に購入ができますが、マシンとの整合性などはしっかり確認しておく必要があります。