Search

スズキのバイクへのこだわり 4

大型免許を手にすると、バイクを選ぶ時どうしても大排気量に目が向いてしまう人も多いでしょう。
確かにバイクといえば風をきって気持ちよく走るイメージがありますし、パワーがありそうで迫力あるバイクに目がいってしまうのが当たり前ともいえます。
ですが、最高出力、最高速度は確かに気になる所で購入するときの一つのポイントにはなりますが、頭を冷やして考えてみれば、日本国内では使いこなす場所は極めて限られるので、注意です。
使いこなせるバイクであるかどうかを考えて選ぶ必要もありそうです。
ですから乗りやすさや、日本の道路事情を考えれば、スズキGSX-R600の排気量が理想だともいえます。
街中で多く使うか、またはツーリングでしか使わないかによっても選ぶバイクは変わってくるかと思いますが、
私のようにツーリング重視でバイクを楽しんでいる人は、街中で走る人に比べたらもっと自由にバイク選びができるかもしれません。
ちなみにツーリングでおすすめはスズキ バイク Vストローム650です。
私はVスト650に乗っていたことがありましたが、エンジンは扱い易く、その割に高回転まで回ったので楽でした。
またツーリングに向いていることとして、車体が大きいので荷物が沢山載ります。
車体が大きいという事で街中のすり抜けは難しいバイクだった記憶がありますが、それでも荷物がたくさん入るというのは便利でした。
ですがシートが少し大きかったため、ポジションが安定しないのでそれが要注意でしょう。
こういったバイクの乗りにくい、乗りやすいは慣れの問題が大きいかと思いますので、人それぞれ感じ方も違うでしょうが、
カウルのおかげで高速道路ではストレスを感じませんでしたし、私は乗りこなしてみた感想、全体的な車体のバランスが良く運転しやすかったです。
そして2人乗りは非常に便利です。日本人に合った車体だともいえます。
またツーリングのためならば、スズキ バイク V-ストローム1000V-Stromも快適です。
V-TWINエンジンを持つV-strom1000は、快適なツーリングをするために作られたといっても過言ではないでしょう。
このバイクのエンジンは、旧TL1000に搭載されていたVツインエンジンで、中低速を重視した扱いやすさ優先のセッティングになっています。
そのため、フロントやリア共にサスペンション調整機能が付いているので、自分の走りに合わせてのセッティングが可能です。
ツーリングを気軽に楽しむための充分な大きさと装備を備えていますから、このバイクで長距離ツーリングに慣れてしまうと、SSでのツーリングが非常に辛く思えることもあります。
私はV-strom1000のゆったりとしたライディングポジションが好きですし、制御しやすい長いサスペンションやまるでスポーツバイクのようなアルミニウムツインスパーフレームも気に入ってます。
ツーリングメインでバイクを乗りたい人にはぜひおすすめのバイクです。

今まで乗った事のあるスズキのバイク

スズキのバイクに乗っている人は、スズキしか乗らない、スズキにとことんこだわっている人も多いです。
そして、スズキのバイク愛好会としては、まだスズキの魅力を知らない人にも、スズキのバイクの良さを
伝えていくことを精神性をもってあらわします。そのくらいみんなにも知ってもらいたいと思っています。
そこで、スズキの良さを伝えるためにも、今まで乗った事のあるスズキのバイクについて語ってみます。

まずGT380は、空冷2スト3気筒です。比較的低速もあり独特な排気音が特徴です。
車体は大きくて重く、3気筒なのに4本マフラーでした。
これは私には何もかもが最高のバイクでした。
1988年発売の初代のDR250Sは、初のものじゃないでしょうか全フローターサスで、
車体も一般的なバイクより10キロくらい軽かったと思います。そして速かったです。
エンジンはグラトラックス、ボルテーなどに四半世紀を超えて使われ続けることになったので、傑作といってもいいでしょう。

GSX400Fは、クラス初のDOHC16バルブです。乗ったときに、
ちょっとハンドルが遠いポジションに最初違和感を感じましたが、慣れればOKでした。
RH250は、39馬力と馬力が圧倒的なバイクでした。サスフカストロークも長く、
アルミニウムのスイングアームとトルクロッドがそそる、まさにオフロードのガンマでした。
RA125は、当時に限らずこれ以降においても125のトレール車で、
アルミスイングアームやアルミリムを装備していたのはこれだけです。
後継のTS125もスイングアームは鉄でした。そういう意味ではとても貴重なバイクでした。
しかも排気デバイスなしのエンジンなのに、低速の粘りもあり、車重も乾燥で96キロと軽量でした。

RM125は、どのメーカーのモトクロッサーよりするどいコーナリングが可能なことが特徴でした。
これに限らずですが、RM系列すべてにいえることでしょう。
また、89年にAETCがついてからはピーキーだったエンジンも扱いやすくなりました。
GS250FWは、日本初の4気筒の250CCです。実際の車重もスタイルも重くすごく速いバイクではありませんが、
いい音がする気持ち良いバイクでした。
GF25十は、FHを実質的にも視覚的にも軽くしてパワーアップしたバイクといえます。
非常に乗りやすく、軽快で日常の買い物、通勤にいいバイクでした。
GSW-R251SPは、初代GSW-R252のスポーツプロダクション仕様で、軽く、速く、RFとは比べ物になりませんでした。
とてもいいバイクでした。

DR250Sは、2代目倒立フォークですが、350ベースなので少し大柄でした。
私は独特のスイングアームの構造が魅力だったと思います。
NZ250Sにおいては超がつくくらいカッコいいものに変身してるんじゃないかっていうくらいのもう想像を
遥かに超えるものがそこにはあったと言わんばかりで、油冷DOHC4バルブ単気筒エンジンで、
33馬力を捻りだし、超軽量な車体と相まって結構速かったです。
速さを楽しみたい方にはそりゃもうねすっごいのなんのって感じで超おすすめでぴったりのバイクでした。
ただ回りすぎるのか、私は2回エンジンを駄目にしてしまいました。また、ブレーキもちょっと力不足でした。
スズキのバイクが好きな人は、いろいろ乗り比べてみるのも楽しいかと思います。

乗ることができていないスズキのバイク

スズキのバイク愛好会として、今まで気になったスズキのバイクはいくつか乗ってきましたが、
とても気になったものの手に入らず、乗ることができていないスズキのバイクがあります。
それはジー ストライダーです。
これは路面を駆けるグライダーをコンセプトに、たしか2003年のモーターショーに展示されていました。
完全なるコンセプトマシンですので、残念ながら売っていないし、乗ることもできないのです。
実際には販売されないショー用のバイクですから、参考資料といってもいいでしょう。
そして実際に販売されるときは、もっとデザインが変更がされるのではないかと思っています。
この頃はスクーターが注目を集めていたので、新しい可能性を求めたコンセプトスクーターが沢山展示されていたんです。

当時も、かっこいいとかなりの反響があったようですが、でも市販されず、今に至っているというところでしょうか。
スズキのバイク好きにはとても残念に思うのですが、
この2003年当時は、スクーターがスポーティよりも快適性やよりラグジュアリー方向に流れてきたので、
路面を滑る、というコンセプトだけが今のジェンマに受け継がれているようです。
バイクも世の中の反応や流れによっていろいろ変化していく、ということですね。
しかし、そういった世の中の流れについていかず、独自の方向性を貫いたバイクを販売し続ける場合もあります。
時代は約30年前にまでさかのぼりますが、世間で全盛だった2ストバイクが公害や環境問題を囁かれはじめ、
環境に優しい4ストバイクに主役が移行してきた頃がありましたが、スズキは2ストエンジンにこだわり続けました。

各社4サイクルを既に発売していてる中で、一番最後に4サイクルのバイクを発売したのがスズキでした。
最後までこだわり続けたことで、社会的には公害を無視したバイクメーカー、
仕方なく4ストを売り出したメーカーというイメージがついてしまったこともあります。
またスズキファンだった人たちからも、結局4サイクルのバイクを発売してしまったという事で、
2ストのスズキ、というこだわりが消えてしまったように感じてしまった人も多かったようです。
そしてスズキはその後も苦戦を強いられますが、けれど実際にはRGシリーズで、
スズキは2ストのこだわりは消さないでいたように感じます。

スズキはもともと日本初のロータリーのような感じの素晴らしいモーター系エンジンバイク・Rイー5、
また、バイクエンジンそのものを味わうことにこだわった油冷エンジンなど、
先鋭的なメカニズムやこだわりが強いメーカーです。
ですから一般人からは好き嫌いがはっきりしてしまうでしょうが、これも見方を変えれば魅力になります。
私は今現在、300系トライアンフに乗っていますが、3気筒という異質なエンジンに惹かれて乗っています。
バイクというのは車と違って、実用性より趣味性の強い乗り物ですから、それがデザインなのかエンジンなのかの違いで、
そういう意味ではスズキの意志はあながち間違ったものではないと思います。
私はスズキにまたがってからは油冷エンジンが好きになりスズキのバイクを3台乗り継ぎました。
スズキの魅力が多くのバイク愛好家に伝わるといいなと思います。