Search

スズキのバイク第一号は

スズキは二輪と四輪の両方を生産していますが、世界的に有名なのは二輪のほうでしょう。
スズキの二輪バイクの歴史を振り返ってみると、大変興味深いのですが、もともとスズキは二輪や四輪を生産する会社ではありませんでした。

スズキの前身は、1909年創業の織機機械メーカーであり、これは世界のトヨタも同じです。
では、いつからバイクを製造するようになったのでしょう。

それは後に二台目社長になる鈴木俊三氏が釣り好きの人で、釣りに行く足として、自転車にエンジンが付いていると楽なのにと考えたことが始まりでした。
普通だったらそのように考えても、それを作ろうとは思わないことでしょう。

しかし織機と言えども、そこは機械職人たちが集まった会社ですから、それでは作ってみようということになったのです。
研究開発の結果、1952年に排気量36㏄のエンジンを積んだパワーフリーを完成し、なんと本人が使うだけではなく、販売までしてしまうのです。

このスズキのバイクの原点とも言うべきパワーフリーは、現代のモーターアシスト付き自転車と発送は同じで、エンジンはあくまでも自転車補助用のエンジンとして付けられました。
しかし排気量36㏄もあれば、補助以上の役割を果たしていたことでしょう。

翌年には排気量を60ccにアップさせたダイヤモンドフリーが販売されました。
折しも高度成長まっただ中、二輪バイクブームの波が到来していたこともあって、バイクメーカーとしてのスズキの名が徐々に浸透していくようになります。

ダイヤモンドフリーがさらに脚光を浴びるようになったのは、1953年に開催された富士登山レースに優勝したことと、北海道から鹿児島間までの3000キロを無故障で走破したことが大きいです。
翌1954年には、本来これがスズキのバイク一号と呼ぶにふさわしいコレダ号の開発が始まり、バイクの製造に本格的に乗り出します。

それに合わせて、社名も鈴木自動車工業へ変更されました。
1955年に販売されたコレダ号は、2サイクル125ccが搭載され、スズキの主力商品となっていきます。
ちなみに、同じ年に初の四輪自動車であるスズライトを製造と販売します。

バイクメーカーとしてスズキは世界的にも高い評価を得、ファンも世界中に大勢いるのです。
クラス最高のトルクや出力を誇ったり、それでいながら価格を低く抑えて求めやすくしているのも人気の秘密かもしれません。

こうして最高のバイクを生み出したスズキは、今でも多くのバイクを開発販売し、国内だけではなく海外でも支持を得ているのです。

スズキのバイクの歴史

「スズキは人と同じことはやらない、目指すのは世界一」
このポリシーを貫き通すスズキは大工から身を起こし会社を興した鈴木道雄氏が、静岡県の浜松市で創業した会社です。
新進の気鋭で知られる浜松の”やらまいか精神”が生んだ時代を開き世界に認められた一流の会社と言えるでしょう。

鈴木道雄氏が興したのは、鈴木式織機製作所という織機を製造する会社でした。
業種転換を図り輸送用機器業界に進出するのは、戦後の1952年のことです。
二代目の社長となる鈴木俊三氏が何げなく発想したといわれる、
「釣りに行くのに、自転車にエンジンが付いていたら楽だな」という言葉がスズキ自動二輪の発祥であると言われています。

2サイクル36ccのバイクモーター「パワーフリー号」を世に出しデビューすると、
翌年には、次作のバイクモーターであるダイヤモンドフリー号が大ヒットとなり、月産は一気に6000台に到達しました。
このダイヤモンドフリー号は、商店や農家の貴重な運搬具として、配達には無くてはならない足としてブームを呼ぶとともに、
当時の一大イベントとしてスタートした第一回富士登山レースで、見事に優勝旗を手にしました。

2年後の1955年、スズキは遂に悲願の自動二輪車を完成させます。
バイクモーターではなく正真正銘のバイクである125ccの「コレダ号」が、お披露目されました。
コレダ号は、前述の富士登山レースでまたしても優勝しスズキの名前は、信頼とともに広く国内に知れ渡ることとなりました。
「目指すのは世界一」このスズキスピリットが実を結ぶのは、8年後の1963年です。
世界の二輪レースの最高峰であり、最も過酷なレースといわれる、イギリスのマン島のレースでスズキは二つの優勝杯を手にします。
ホンダを創業した本田宗一郎氏が悲願をかなえ、前年にこのレースで優勝し、
外国産のオートバイの後塵を拝する屈辱を払いのけた次の年、今度はスズキに王冠が輝きました。

50ccと125ccのレースでトップになり、スズキは一躍世界ブランドになりました。
この後時代は推移し、自動車が登場して以降のオートバイは趣味の世界的、認識が広がっています。
ホンダ ヤマハ スズキ カワサキの日本の4強バイクメーカーは、そのまま世界シェアを持つ世界の4強メーカーでもあります。
先陣の外国メーカーはほぼ駆逐されたと言っても過言ではないでしょう。

スズキのバイクは速く走れ、壊れない、長持ちすると、昔も今も、国内外の評価は非常に高いものがあります。

歴代のスズキのバイク

スズキのバイクは本当に面白いです。歴代のスズキ車を思い返してみても思い出に残るものがたくさんあります。
決して名車とは言えないと思いますが、私が現在も所有しているGSX-R1000 K1は魅力的です。
あくまで個人的な意見ですが、私はスズキの古いモデルは直進安定性が高過ぎて
コーナリングがイマイチだったと思っていたのと、
整備性が悪かったので、隼等の99モデル以降はその辺りが改善されたように思いGSX-R1000 K1を購入しました。
あと、思い出に残るもの、気に入ったものといえばやっぱりカタナでしょうか。今でもデザインは充分通用すると思います。

あんなに低いハンドルを街乗りバイクに採用した国産車はそれまでには他にありませんでしたし、
安くてコンパクトなGN125の存在を知り、値段が新品で13万を切ると聞いて驚いたものです。
そういったことから、とにかく値段が1番気に入っていたのも事実です。
ですが、GN125Hは安価ですが、アジア圏で絶大な売れ行きを見せていて、実績も充分であるといえるバイクです。
燃費も良いし、最近では国内でも取り扱う輸入商社が増えてきていますから、部品も入りやすくなってきているようです。

ちなみに、現行のGN125Hはわたしたちのお国のとなりの国のスズキ製ですが、
元々は1982年に国内で発売されたGN125Eのぱくりの商品となっています。
しかしコピーといっても同じメーカー製ですから、事実上の復刻版、といってもいいでしょう。
現在から見て、性能的には若干低くても、必要充分な動力性能があり、
安価であることは最大の売りですから、特に東南アジアでは巨大なマーケットを展開しているようです。
しかし、やっぱりそこはあの超すてきで有名なスズキならではやと思っていますね、
このバイクもゆれも相当激しくて二人で乗ったりするなんて事があったら後ろで乗ってる子は相当嫌がりますよね。
私は振動はそんなに気にならないのですが、中にはスズキのバイクは振動が激しく感じる人もいるようです。

一般的に振動についてですが、通常、シングルエンジンの振動を軽減しているモデルには、
ピストンを上下させるクランクの動きと連動して反対に動く、バランサーを内蔵しています。
たとえば、YBR125なんかにみえてくるんだそうです。だからゆれみたいなのもが少ないのですが、
昔に製造されたGNでは、このような装備が着いていないので、
でっかいゆれなんかにはそうですねある程度の部類のエンジンには入るかと思います。
ですが、シングルエンジンでのあの相当なまでのゆれってのは
後ろのエンジンから出てるガスと関係してくるかもしれませんね。そういう関係性も調べられてるってことですね。

たとえばバランスの問題でもそうなんですが、だいたい内側に装備されているSR400と、これはされてるのか
ちょっとわかんないですけどGN125では、同じタイプのものでも、4サイクルエンジンなんて言われ方してますけど
実際検証してみれば、どっちだってそんなに歴然とした差もないんですよ。
あたりまえなんですけど、GNのほうが自分で感じる分には少ないです。
ですがこの振動も考えようによってはバイクの味になるのではないか、と私は思います。
SR400やハーレーのV型エンジンなどは、その独特のエンジンフィールが面白く、人気です。
振動が大きいから必ずしも不快、ということではないことも知っておくといいですね。
そして、スズキだから振動が激しいというわけではありません。

スズキの歴史

スズキのバイクは、他社のバイクにはない魅力が満載です。
それは、スズキは他社ではやってこないようなことを平気でしでかしてくる社風があるからでしょう。
スズキのバイクをよく知るにはスズキの歴史を知るのもまた楽しいかもしれません。
しかしネットなどのサイトでは、なかなか歴史を知れるサイトはないかもしれません。

専門誌のオートバイ雑誌に、オートバイ史やヒストリー総集編などが
全車年代別で写真入で簡単な説明がついているときがありますので、
こういったものを参考にしてみるのもいいでしょう。各社の歴史についても紹介されている物があります。
たまに本屋さんをチェックしてみましょう。専門書で発売されていたりもするかもしれません。

また、スズキには歴史博物館というのもあるので、スズキ好きには見逃せません。
スズキ歴史博物館は浜松市にあります。http://www.suzuki-rekishikan.jp/
無料ですが、予約が必要ですから、事前にアポイントを取っておきましょう。
以前テレビでも紹介されていたことがあったと思います。
子供の勉強にもなりますし、一度は行ってみるといいでしょう。
スズキのバイクの面白さや魅力をまた再発見できるのではないでしょうか。

スズキは油冷のスズキとも呼ばれていましたが、
スクーターのフューエルインジェクションも一歩先駆けて市販化しています。
スズキならではのバイク、という特徴的なものはたくさんあるのです。
スズキはもともと2サイクルエンジンが専門で、
軽自動車の世界では世界唯一の2サイクルエンジン排ガス浄化システムというのも作り出しています。
当然バイクでも2サイクルエンジンに強みがあったんですが、
同社で4サイクルエンジンを最初に載せたのはGS400で、いきなりDOHCから挑戦しはじめました。
ロータリーエンジンを搭載するRE500を出してみたり、4バルブエンジンも他社に先駆けて市販化しています。
そしてこれらは一例に過ぎず、スズキとしてはまだまだ新しい開発をたくさんしてきています。

ちなみに私がスズキのバイクで乗って楽しいバイクと感じているのは、レプリカのGSXR250Rです。
今乗っているメリットはレプリカの中ではマイナーすぎて、
知らない人さえいるため、かなり珍しくそしてまずかぶらないのが魅力です。
そしてRG400γは素敵だと思います。2ストなのに低回転も太いトルクで、
パワーバンドに入ったときの加速はたまりません。

500も乗ったことはありますが、400の方がパワーの出方が面白かったです。
凄い加速で、曲がらない止まらないで、恐怖感もありますが、これが楽しくもありました。
古き良き時代のバイクといったところでしょうか。
今のバイクも性能も良くステキですが、当時のあの攻撃的なバイクたちはたまに恋しくなります。
バイクにはいろいろ歴史があるので、バイク好きには古いものにも素敵な思い出があり、懐かしいです。